1. HOME
  2. お知らせ
  3. LANケーブル ネットワークテスター更新について

NEWS

お知らせ

LANケーブル ネットワークテスター更新について

従来よりLANケーブルの不調やネットワークの不具合で活躍しておりますネットワークテスターですが、
新型が発表されましたので従来品から新機種へ更新いたしました。

フルーク・ネットワークスは、世界標準規格のネットワークテスターです。
ご紹介:LANケーブルテスター
LANが遅い・LANが不安定・ネットワークが遅い・ネットワークが不安定・WIFIが遅い・WIFIが不安定など
各種テスターを使いお客様のネットワーク環境の改善にお役立ちいたします。

関東エリア
(東京、千葉、埼玉、神奈川、群馬、栃木、茨城、山梨)
関西エリア
(大阪、京都、滋賀、奈良、兵庫、和歌山)

スポット計測やご相談も対応しておりますので、弊社お客様センターまでご相談ください

【仕様抜粋】
概要
フルーク・ネットワークス
LinkIQ™産業用イーサネット・ケーブル+ネットワーク・テスターは最長305mの測定が可能で、オープン、ショート、未成端ケーブルなどによる故障箇所までの距離を表示します。

また、付属のMS-IEリモート・アダプターによりEthernet/IP、PROFINET、EtherCAT、CC-Linkその他産業用イーサネット・プロトコルで使用されるRJ45、M12X、M12D、M8Dコネクターで成端されたケーブル上の誤配線やスプリット・ペア(対分割)を特定し、10BASE-T~10GBASE-T(10Mb/s~10Gb/s)のケーブル帯域幅を検証します。
さらに、アドバタイズされたポート・スピード、スイッチ名、ポート番号、VLAN情報を含む、最も近いスイッチの診断に加えて、PoE試験では、最大でクラス8(90W)の実負荷試験を実行します。

特長
周波数ベースの測定による最大10GBASE-Tのケーブル性能テストおよびEtherNet/IP、PROFINET、EtherCAT、CC-Linkで使用されるケーブルをサポート
ネットワーク機能:アドバタイズされたポート・スピード、スイッチ名、ポート番号、VLANを含む、最も近いスイッチの診断が可能
PoE認証–PoEクラス(1~8)および電力を検知し、接続したスイッチに対して利用可能なPoEの実負荷試験を実行
ケーブル長、ワイヤーマップ、オープンまたはショート箇所までの距離を表示
LinkWare™PCケーブル・テスト管理ソフトウェアによる結果の管理とレポート印刷

最新記事